Example image
May Gardens Blog
               
庭ごころ
"気持ち次第で風景は違って見える"
最近は、お庭作りの事例など紹介しています。

瀬戸でのブロカントなお庭作り

written by Naoyuki Sakuyama
Feb 14 2020

先日終了した瀬戸でのお庭・外構作り。

うちのHPに掲載している「ゆる庭」というコンセプトがいいな、と問い合わせ頂いた施主様。

程よい雑草も楽しんじゃうというお庭です。

 

駐車場はコンクリート打ちません。

ナチュラルになるよう砕石で仕上げます(砂利だとタイヤがハマるので、転圧ができる砕石が良いのです)。

 

樹木は落葉し、下草も葉がない現状ですが、5月くらいになったら、ガラリと雰囲気変わります。

早くその状態の写真が撮りたいです。

 

着工前、新築したものの外構手つかず、、というよくある光景でしたが、

 

 

このように、大分変りました!

 

 

下草類がグリーンに変わり、ナチュラルなお花も各所で咲いてくれる春以降が楽しみです。

3月中旬くらいから、各所に仕込んだスイセンなどの球根が開花し、春の訪れを気づかせてくれるはずです。

 

施主さんもきっと、まだ春以降がどんな雰囲気になるか、分からないのだろうな、、と思いますが、きっと順に咲いてくる多年草など季節ごとの変化にサプライズな日々になるかと思います。

 

 

野草や雑草は、整えすぎないラフな石材との相性が良いです。

階段は御影石の古材を探してきました。

 

 

お庭をより生活に取り入れるなら、庭と部屋とを繋ぐ空間がとても重要です。

ちょっと過ごすこともできるくらいの小さなデッキを作り、ステップでお庭に下りられるようにしました。

これくらいのスペースって楽しいのです! 早速イスが置いてありました!

 

 

レンガを積んで立水栓も作りました。

落下防止の柵は、シンプルな木柵。

 

とにかく、、植物が緑に変わると全体の雰囲気が相当変わるので、、早く施主さまに味わってもらいたいです!

 

 

 

 

Naoyuki Sakuyama
私は庭を作る仕事をしています。庭を通じ、庭心を育むことで、逆にやさしい人や環境を育むことができるのでないかいう期待を込めて始めたブログです。 人に自然に寄り添うことの楽しみを伝えるために、僕は時間の許す限り、庭や自然を楽しむ時間を作ります。
Follow Us
Share Us